記事一覧

支援の輪を広げるために!!~米作り実行委員会の成川小支援~

11月7日(月)に、米作り実行委員会の中学2年生4人で成川小学校を訪問し、米作りの収益や、保護者や地域のみなさんにもご協力いただいた募金によって購入した支援の物品を届けてきました。

少し緊張しながら訪問した生徒たちですが、成川小児童会のみなさんと先生方が笑顔で迎えてくれ、寄贈した竹馬やけん玉、積み木セットなどの数々の遊具をとても喜んでくれました。成川小の松田校長先生も「(被害の甚大さや、防災の大切さを忘れてしまわないように、)こうやって気にかけてもらえることが、とてもありがたいです。」とおっしゃってくれたので生徒たちもうれしそうでした。

そのあと、松田校長先生から災害時の画像を見せていただきながら、防災の大切さについて体験に基づくいろいろなお話をしていただきました。今回の台風12号による被害の大きさは私たちの想像をはるかに超えたもので、実際に、真っ暗闇の中で家の屋根からボートで逃げた子ども、裏山でビニールシートを家族でかぶって震えながら水が引くのを待った子ども、裸足で山の中を家族と一緒に逃げようやく避難所にたどり着いた子どもなど、本当に命が危険にさらされるような大変な状況があったそうです。11月に入って、生活もかなり落ち着いてきたようですが、現在も困難な状況の下で頑張っている子どもたちもいるというお話も聞かせていただきました。

そのような厳しい状況にいる子どもたちが、学校で楽しい時間を過ごすため、私たちが贈った支援の遊具が役に立って、支援の輪がどんどんと広がっていけば、これほどうれしいことはありません。

ファイル 274-1.jpg ファイル 274-2.jpg ファイル 274-3.jpg ファイル 274-4.jpg ファイル 274-5.jpg

今年も“田植え”が無事終了!

 5月10日(火)、少し天気が心配でしたが、今年も恒例の全校児童生徒による「田植え」を行うことができました。

 米作り実行委員の中学2年生が中心になって、これまで「田起こし」から始まり、毎日の「水の管理」、「代かき」、「肥料や苗の準備」、そして地域の方への相談やお願いなどなど、たった4人ですが、みんなで協力してたくさんの準備をしてきてくれました。そのおかげで、小学1年生から中学3年生のみんなでドロドロになりながらも楽しい田植えをすることができたといえます。2年生の実行委員のみなさん、本当にご苦労様でした。さあ、次は収穫の秋に向けてがんばってください。

 地域のアドバイザーのみなさん、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。これからも秋の稲刈りに向けて、子どもたちへの指導と支援をお願いいたします。

ファイル 168-1.jpg ファイル 168-2.jpg ファイル 168-3.jpg ファイル 168-4.jpg ファイル 168-5.jpg

今年もみんなで田植えをしました

今年も、米作り実行委員会(中学2年生)を中心に尾呂志学園の伝統である米作り体験学習に取り組んでいます。
5月12日に、たくさんの保護者や地域の方にも参観に来ていただき、小中学生全員で田植えをしました。みんな泥だらけになったけど、楽しいひとときでした。
米作り実行委員会のみなさんは、無事に田植えを終えることができ、一安心の様子でした。次は、稲刈りに向けて頑張ってくださいね。

田植えの写真

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

過去ログ