記事一覧

学校と地域が一体となった子どもたちへの支援を~第3回学校運営協議会~

 12月15日(水)、第3回学校運営協議会が開かれ、次のようなことが話し合われました。委員のみなさんからは、さまざまなご意見をいただきました。ぜひ今後の学校運営の参考にさせていただきたいと考えております。本当にありがとうございました。

ファイル 120-2.jpg

・今後とも、『学校と地域が一体となって子どもたちを支援していく』ために、学校運営協議会の中に「学習支援」「図書支援」「環境美化支援」「安心・安全支援」などのボランティア組織を作り、地域と連携した教育をより一層充実させていきたいという提案が学校からされました。この件については、今後十分検討したうえで第4回目の学校運営協議会で具体的な方向性を決めていただく予定です。
→詳しい提案内容については、下の「今後の尾呂志学園学校運営協議会の組織・運営について(案)」をご覧ください。保護者や地域のみなさんからもご意見をいただければありがたく存じます。
今後の尾呂志学園学校運営協議会の組織・運営について(案)

・よりよい学校となるよう、学校運営協議会委員のみなさんにも学校評価にご協力いただくよう学校からお願いさせていただき、承認をいただきました。

・先進校に学び、また、地域振興と地域の教育力の活用方法を探るために、視察研修を実施します。(視察先:新宮市立光洋中学校、和歌山県那智勝浦町色川地区・古座川町)