記事一覧

福祉交流会を行いました

ファイル 628-1.jpgファイル 628-2.jpgファイル 628-3.jpg

11月10日に、小学生が「ふくふくリハビリディサービス」利用者さんとの交流会を、旧尾呂志中学校の体育館で行いました。これ以外にも小学校では、花作り交流を定期的に行っており、福祉交流会ついては今年度で10年目になります。
最初は、利用者さんと子どもがペアになり「グーパー体操」などの手遊びを楽しみました。仕方をおじいちゃんが子どもに教えたり、子どもがおばあちゃんに教えたりしながら、笑い声が聞かれる中、和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。続いて、2チームに分かれて行った「玉入れ競技」は、子どもが新聞紙を丸めて玉を作り、それをおじいちゃん、おばあちゃんがチームの箱に投げ入れ、数を競いました。ねらいを定めてもなかなか入らないおじいちゃんを大きな声で応援し、見事入った時には、二人でハイタッチするなど微笑ましい姿が見られました。
福祉交流会の締めくくりとして、これまで練習をしてきた「365日の紙飛行機」を心を込めて歌いました。途中CDデッキが不具合となり、伴奏が聴きづらくなりましたが、それをものともしないはつらつとした歌声に、おじいちゃん、おばあちゃんから盛んに拍手が送られました。