記事一覧

旅する蝶 アサギマダラ 学園フジバカマ園に飛来

ファイル 645-1.jpgファイル 645-2.jpg

栗須下地地区の学園「フジバカマ園」に、今年も旅する蝶アサギマダラが飛来してきました。
 長距離を移動する蝶として知られるアサギマダラは、長い旅の途中で蜜を好む植物のフジバカマで休息します。アサギマダラのために学園では毎年中学3年生がフジバカマの世話をしています。10月中旬から徐々に増え、多い日は10匹を超える蝶が飛来しているようです。10月25日には、「おろし10/25」とマーキングし放しました。この先、紀伊半島でしばらく休息して、四国や九州を横断し、海を渡り遠く沖縄や台湾にまで飛んでいくようです。
機会がありましたらぜひ「フジバカマ園」を訪れ、アサギマダラの姿をご覧いただけたらと思います。