記事一覧

消防署の見学に行ってきました

ファイル 499-1.jpgファイル 499-2.jpgファイル 499-3.jpgファイル 499-4.jpg

10月8日(水)、小学校4年生の5名は、社会科の学習で熊野市消防本部へ見学に行きました。

消防署には、尾呂志学園の保護者の北さんや岡田さんが勤めてみえます。今日は、岡田さんに署内の見学や子どもたちへの説明などを担当していただきました。

通信司令室、研修室、仮眠室、食堂や風呂、消防自動車や救急車、訓練をする施設など、署内の様々な場所や設備を紹介してくださったり、消防隊員が消防服に着替えるところや研修しているところ、通信司令室で実際に119番の電話が入電したときの様子なども見せてくださったりしました。

子ども用の消防服を着させてもらった子どもたちは大喜びでした。

授業中に疑問に思っていたことや質問したいことなどについても、ていねいに教えていただきました。

実際に現場で働く人々の様子や本物の施設・設備を目にすることができて、大変貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました。

楽しかった!キャンプ!

ファイル 488-1.jpgファイル 488-2.jpgファイル 488-3.jpg

7月25日に5.6年生は熊野市育生町尾川の尾川川にでかけて、デイキャンプをしました。通称「出合い」と呼ばれるその場所は、子どもたちが川遊びをするにはもってこいの場所です。

水着に着替えた子どもたちは、まず浅瀬に入って体を水に慣らし、潜ったり、水中めがねをつけて魚を追いかけたりしました。その後で、少々深みの淵にある岩場から飛び込んで遊びました。また木に吊ってある縄に掴まり、ターザンのようにして飛び込んだりもしました。

校長先生も昔の川遊びを思い出し、頭からの飛び込みを披露して、子どもたちを脅かせていました。この日は岡田守さんにも同行してもらい、子どもたちの安全を見守っていただきました。

子どもたちは、清らかな水の中で思い切り遊び、川の楽しさを満喫しました。この清流の体験は、きっと忘れられない夏休みの思い出になったことでしょう。

やっとプール開き!

ファイル 471-1.jpg ファイル 471-2.jpg ファイル 471-3.jpg


梅雨入り当初は、空梅雨かと思われるほど天気の良い日が続いていました。今年はプールも順調にできるぞと思っていましたが、6月下旬から曇や雨天の日が続き、6月21日に予定していたプール開きはずっと延期になっていました。

そして7月2日(火)、予定より11日遅れて、やっとプールに入ることができました。

気温も水温もあまり高くなかったため肌寒く、なかには少し震えている子もいましたが、今年初めてのプールとあって、みんなとても楽しそうに水遊びや水泳の練習に取り組んでいました。


【尾呂志学園小学校の水泳の目標】
1,2年生は、だるま浮きなどを楽しみながら、水に慣れる。
3,4年生は、いろいろな泳ぎで、プールを横に泳ぐことができる。
5,6年生は、クロールや平泳ぎなど正しい泳法を身につけ、25mを泳ぐことができる。

もちろん、もっと高い目標をめざして頑張ることも大事です。
短い期間ですが、精一杯楽しみながら、精一杯練習して、それぞれの目標を達成してほしいと思います。


ファイル 471-4.jpg ファイル 471-5.jpg

ウォークラリーをしました ~小学校1年生を迎える会~

ファイル 454-1.jpgファイル 454-2.jpgファイル 454-3.jpgファイル 454-4.jpgファイル 454-5.jpg

5月14日(火)3時間目と4時間目に、小学校の1年生を迎える会を行いました。

この会は、児童会が中心となって計画したものです。

全校児童が4つの縦割り班に分かれて、学校周辺をウォークラリー形式で公民館、元駐在所、尾呂志バス停、尾呂志橋、尾呂志神社を巡りながら、6つのクイズを解いて行きました。

少し汗ばむくらいの陽気の中、みんなでクイズが書かれた札を見つけては頭を寄せ合って楽しそうに相談していました。

チェックポイントに立っていると、とても嬉しい姿を見ることができました。

尾呂志神社の入口で工事が行われていましたが、やって来た子どもたちは、そこで働いている方々に大きな声で「おはようございます」と挨拶をしていました。

その日の天気のようにとても清々しい気持ちになりました。

給食は、縦割り班で集まっていただきました。

児童会役員の子どもたちは、とてもよく頑張ってくれました。これからの活動も期待しています。

千枚田まで ~春の遠足、風伝峠をぬけて、通り峠を越えて~

ファイル 449-1.jpgファイル 449-2.jpgファイル 449-3.jpgファイル 449-4.jpgファイル 449-5.jpg

 小学校は、春の遠足で、熊野市紀和町丸山にある「千枚田」へ行ってきました。

 3年生から6年生は、8時半に学校を出発し、風伝峠をぬけ通り、峠へと歩を進めました。

 1年生と2年生は、約1時間遅れで出発し、通り峠入口で3年生以上の子どもたちと合流しました。

 当日は、絶好の遠足日和に恵まれ、穏やかな日差しを浴びながら、新緑の中を歩いて行きました。

 3年生以上の子どもたちは、通り峠の展望台まで上がりました。かなり急な傾斜でしたが、全員頑張って登りきることができました。展望台から観た景色は最高でした。

 千枚田で昼食をとったあと、れんげ草やシロツメクサを摘んだり、大きな岩の周辺で遊んだりして過ごしました。

 千枚田に田んぼをもってみえる北一樹くんのおじいさんが様子を見に来てくださり、子どもたちに飲み物の差し入れをしていただきました。有りがとうございました。


 子どもたちは、地域にある素晴らしい景観を自分の目で見て、肌で感じて、改めてその良さを感じてくれたことでしょう。

みんな本が大好き ~ボランティアグループの皆さんによる朝の読み聞かせ~

ファイル 447-1.jpgファイル 447-2.jpgファイル 447-3.jpgファイル 447-4.jpg

今年度も、地域の読み聞かせボランティアグループのみなさんが、小学校1・2年生と3・4年生のクラスに読み聞かせに来てくれました。

今年は、1年生と2年生のクラスが分かれましたが、朝の読み聞かせのときは、図書コーナーに集まって一緒に読んでもらうことにしました。

新1年生にとっては初めての経験でしたが、2年生と一緒に興味深そうな顔をして絵本のお話を聞いていました。

地域の方々に、こうして様々な場面で子どもたちの教育に携わっていただいていることが、尾呂志学園の大きな魅力のひとつです。

読み聞かせボランティアグループのみなさん、今日はありがとうございました。

そして、これからも尾呂志学園の子どもたちのためによろしくお願いします。

お兄さんやお姉さんに、本を読んでもらう ~朝の読み聞かせ~

ファイル 446-1.jpgファイル 446-2.jpgファイル 446-3.jpg

尾呂志学園では、上級生が小学校の新1年生のために、1学期の始めに朝の読み聞かせをしています。

今年は、小学校6年生の6名と中学生7名が、4月15日から5月9日まで、当番を決めて毎日日替わりで行う予定です。

初日は、中学校3年生の芝崎さんが来てくれました。新1年生の子どもたちは、見たことのあるお姉さんが本を読みに来てくれたということで、とても嬉しそうにしていました。

あとで芝崎さんに感想を聞いたところ、「みんな、むっちゃ可愛い!」と言っていました。

読み聞かせを通じて、新1年生が上級生の名前や顔を覚え、安心して学校生活に馴染んでくれることを期待しています。

上級生の皆さん、よろしく!

児童集会で合奏の発表と縄跳びをしました♪

ファイル 439-1.jpgファイル 439-2.jpgファイル 439-3.jpg

2月28日(木)、児童集会がありました。

【集会の内容】
1 教頭先生の話
2 委員会からの連絡
3 生活目標の発表
4 5,6年生の合奏発表
5 なわとび集会

 生活目標の発表の後、5,6年生が、音楽の時間に取り組んできた「スターウォーズ メイン・タイトル」の合奏を披露しました。

 次に、みんなで縄跳びをして楽しみました。
 クラス別に各自ができる跳び方を披露したあと、クラスで大縄跳びに挑戦しました。

 そのあと、6年生の岡田くんと芝崎くんが短縄跳びをしながら大縄跳びを跳ぶ技を披露してくれました。
 
最後に、全員で縄跳びを使ったリレーをしました。
 心も体もホッカホカするひとときでした。

亀田さんに阪本地域のことを教えていただきました

ファイル 436-1.jpgファイル 436-2.jpgファイル 436-3.jpgファイル 436-4.jpg

2月22日(金)、3.4年生の総合的な学習の時間に、亀田昭治さんに校区の阪本地域にある名所旧跡をガイドしていただきました。

 行ってきたのは、三倉谷池、折山神社、岩洞院の三箇所です。

三倉谷池は、阪本の耕地の水不足を解消するために江戸の末期に作られたため池です。

見学に行ったときには水は溜まっていませんでしたが、先人の知恵や苦労を垣間見ることができました。

折山神社の石灯籠や岩洞院にある小原源七郎(三倉谷池を作った功績者)のお墓も見学してきました。

亀田さんには、2月6日にも学校で「昔のくらし」についてお話を伺いました。お忙しい中、本当にありがとうございました。

ペッタン、ペッタン、餅つきを楽しみました♪

ファイル 435-1.jpgファイル 435-2.jpgファイル 435-3.jpgファイル 435-4.jpgファイル 435-5.jpg

 1月中旬に予定していた「餅つき大会」は、インフルエンザの流行のために中止になりました。でもこの1年間、色々お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えようと、今日ようやく「もちつき」を実施することができました。

 子どもたちは2つの班に分かれて、学校の玄関前で餅をつき、つき上がった餅をランチルームで丸めました。

 1年生から6年生まで、みんなでペッタン、ペッタンと頑張っていました。中でも高学年は杵を持つかっこうも様になっていて、力強くつく姿に「さすが5,6年生やなあ。」と、褒められていました。

 ランチルームでは、地域の方に教えてもらいながら、みんな楽しそうにお餅を丸めていました。

 つき上がったお餅は、お世話になった方々へ届けさせていただきました。

地域の明朗会からは山﨑豊さんをはじめ5人の方が来てくださり、お手伝いをしていただきました。本当にありがとうございました。

過去ログ