記事一覧

ペッタン、ペッタン、餅つきを楽しみました♪

ファイル 435-1.jpgファイル 435-2.jpgファイル 435-3.jpgファイル 435-4.jpgファイル 435-5.jpg

 1月中旬に予定していた「餅つき大会」は、インフルエンザの流行のために中止になりました。でもこの1年間、色々お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えようと、今日ようやく「もちつき」を実施することができました。

 子どもたちは2つの班に分かれて、学校の玄関前で餅をつき、つき上がった餅をランチルームで丸めました。

 1年生から6年生まで、みんなでペッタン、ペッタンと頑張っていました。中でも高学年は杵を持つかっこうも様になっていて、力強くつく姿に「さすが5,6年生やなあ。」と、褒められていました。

 ランチルームでは、地域の方に教えてもらいながら、みんな楽しそうにお餅を丸めていました。

 つき上がったお餅は、お世話になった方々へ届けさせていただきました。

地域の明朗会からは山﨑豊さんをはじめ5人の方が来てくださり、お手伝いをしていただきました。本当にありがとうございました。

亀田さんに昔のくらしについて教えていただきました。

ファイル 433-1.jpgファイル 433-2.jpgファイル 433-3.jpgファイル 433-4.jpgファイル 433-5.jpg

 2月6日(水)小学校3年生の社会科の授業に、尾呂志学園校区の阪本にお住まいの亀田昭治さんに学校に来ていただき、昔のくらしについて教えていただきました。
 
 亀田さんは、昔よく使われていた農機具をトラックに積んで持ってきてくださいました。それらを玄関に下ろしてもらい、米作りの手順に沿ってひとつずつその使い方を教えてくださいました。

 昭和30年代までよく使われていたことや、亀田さん自身も子どもの頃によくそれらを使ってお手伝いをしたことなど、とても詳しく丁寧に教えていただきました。
 
 実際に農機具を操作してみた子どもたちは、興味津々といった表情でした。

 そのあと教室に入り、米作り以外のことで昔のくらしについて話を聞きました。子どもの頃は、お腹が空いたら蜜柑や柿を取って食べたことや、わなを掛けて雀を捕まえて遊んだりしたこと、尾呂志小学校の運動場にもたくさんの思い出が残っていること等、子どもたちの質問にもていねいに答えながら語ってくださいました。
 
 22日(金)には、阪本地区のため池の歴史について、現地で教えていただくことになっています。
 
 亀田さん、色々お世話をいただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

ブラックボトムブラスバンドと一緒に楽しい演奏会♪

御浜町教育委員会の文化振興事業の一環として、尾呂志学園でも「ブラックボトムブラスバンド」によるアウトリーチ(プロのミュージシャンが地域にまで出張してきてミニコンサートを行うなどの普及活動)授業が開催されました。

ブラックボトムブラスバンドは、関西出身のニューオーリンズスタイルの7人編成のブラスバンドグループで、1996年にメジャーデビューしてから15枚のアルバムを発表しているプロのバンドのみなさんです。

今日は子どもたちに音楽の楽しさをストレートに感じてもらうためにと、わかりやすい説明を交え、子どもたちが準備した楽器(ペットボトルとか段ボールの音の鳴る物?)で一緒に演奏するなど とても楽しい時間を過ごすことができました。

この日曜日(2月3日)には御浜町中央公民館で、ワンコインコンサートもあるようですから、みなさんも楽しいブランクボトムブラスバンドの演奏を聴きにいかれてはどうですか?


ファイル 431-1.jpg ファイル 431-2.jpg ファイル 431-3.jpg ファイル 431-4.jpg ファイル 431-5.jpg

人権について学習したことを発表しました ~人権集会~

ファイル 429-1.jpgファイル 429-2.jpgファイル 429-3.jpg

 1月31日(木)、今月の集会は、各クラスで取り組んだ「人権についての学習」を発表しあうことによって、人権について考える集会でした。

 保健委員会からの連絡と5.6年生からの生活目標の報告が終わったあと、人権に関わる発表を各クラス毎に行いました。

 1.2年生は、「ずうっと、ずっと、大すきだよ」の音読を発表しました。
 
 3.4年生は、見方によって色々なものに見える絵のクイズをしました。
 
 5.6年生は、人権に関する朗読を1人ずつ行いました。

 いつも一緒に遊んでいる少人数の友だち同士であっても、前に出て発表するとなるとどの子も緊張をかくせません。でも、伝えたかったことや考えてほしかったことをはっきりと話したり読んだりすることができていました。

グランドゴルフ交流

ファイル 416-1.jpgファイル 416-2.jpgファイル 416-3.jpg

 12月14日(金)、地域のグランドゴルフクラブの方々と、小学校5・6年生とのグランドゴルフ交流会を行いました。
 
 力加減が難しいようで、初めのうち子どもたちはスコアが安定しませんでしたが、会員の方の一言やアドバイスで、後半はホールインワンをする子どももいるなど、みんな会員の皆さんが顔負けするようなスコアを出して楽しみました。
 
 寒い日でしたが、心のあたたまるひとときを過ごすことができました。
 
 尾呂志グランドゴルフクラブ会員の皆様、ありがとうございました。

リハビリ診療所利用者の方々との交流

ファイル 415-1.jpgファイル 415-2.jpgファイル 415-3.jpg

 12月4日(火)、リハビリ診療所利用者の方々と1,2年生との4回目の交流が行われました。

 今年度はこれが最後の交流の機会です。
 
 リハビリ診療所に到着し、子どもたちが「こんにちは。」と元気よく挨拶をすると、利用者の方々も、みんな笑顔で「今日を楽しみにしていたよ。」と出迎えてくれました。

 今回も、子どもたちが利用者の方々のお手伝いをして、クリスマス用の寄せ植えをしました。

 鉢に、シクラメン、パンジー、ジュリアン等を移植する作業でしたが、ひとつひとつ教えてもらいながら上手に終えることができました。

 リハビリ診療所職員の皆さま、利用者の皆さま、交流を通して色々とお世話になりました。ありがとうございました。

小学校全校集会

ファイル 414-1.jpgファイル 414-2.jpgファイル 414-3.jpgファイル 414-4.jpg

 11月29日(木)3時間目に、小学校の全校集会がありました。

 集会に先だって表彰式があり、第58回青少年読書感想文全国コンクール紀南支部で優良となった2年生の林もえこさんが表彰されました。
 
 次に、図書委員会から冬休みの貸出図書について連絡がありました。図書委員がひとりずつ「お薦め図書」の紹介をしました。
 
その次に、保健委員会から保健についての連絡があり、最後に児童会から生活目標について話がありました。

 そのあと、運動場に出て全員でサッカーをしました。1年生から6年生までが楽しめるよう、特別ルールで行いました。かなり寒い日でしたが、みんな元気に走り回っていました。

 12月の生活目標は「風邪を引かないようにしよう」です。寒くても外で走り回れる元気な姿で乗り切ってほしいと思います。

小学校 秋の遠足

ファイル 409-1.jpgファイル 409-2.jpgファイル 409-3.jpgファイル 409-4.jpgファイル 409-5.jpg

 10月23日(火)、今日は小学校の1年生から6年生まで全員で、尾鷲市にある三重県立熊野古道センターへ行きました。

 はじめに、センターの方から熊野古道について詳しくお話を伺いました。子どもたちは、世界遺産に登録されていることや、いつ頃、何のためにつくられた道なのかなど興味深い話に、真剣に耳を傾けていました。

 次に、2つのグループに分かれて体験学習を行いました。1年生と2年生は「ひのきのしおり作り」、3年生以上は「勾玉作り」をしました。1時間半ほどでしたが、子どもたちはセンターの方に教えてもらいながら、夢中になって取り組んでいました。

 あいにくの雨模様でしたが、館内でお弁当をいただいた後は展示コーナーを観たり、おやつを食べたりして楽しく過ごしました。

 持って帰ったしおりや勾玉は、大切な思い出の一品になったことでしょう。

リハビリ診療所・ひかり園の利用者との交流会

【ひかり園利用者の方々との交流】

 10月16日(火)、尾呂志学園外部指導者である南紀グリーンハウスの芝﨑裕也さんを講師に招き、ひかり園利用者の方々とビオラの花をポットからプランターに植え付ける作業をしました。(これは9月4日に苗をポットに植え替えたビオラです。)

 みんなで役割を分担し、協力し合って楽しく作業を進めることができました。

 今回プランターに植え付けた花が、冬を越えて、尾呂志学園の卒業式や入学式の会場を華やかに彩ってくれるよう成長することを願っています。

ファイル 406-1.jpg ファイル 406-2.jpg


【リハビリ診療所利用者の方々との交流会】

 リハビリ診療所では、同じく9月4日にポットに苗を植えかえたパンジーなどを花壇に植えかえる作業を、1・2年生のみんなといっしょにお手伝いをしながら進めました。
 
 作業終了後には、肩たたきをしたり握手をしたり、交流の時間を楽しみました。


ファイル 406-3.jpg ファイル 406-4.jpg

リハビリ診療所利用者の方々との全体交流

ファイル 404-1.jpgファイル 404-2.jpgファイル 404-3.jpgファイル 404-4.jpgファイル 404-5.jpg

 10月12日(金)、今日は、リハビリ診療所利用者やつどい利用者の方々と小学校全児童が交流をしました。

 予め用意してもらった名札の色をもとに、子どもたちも利用者の方々も「青」「赤」「黄色」「水色」「ピンク」の5つのチームに分かれました。

 体を動かしながら大きな声を出す練習を何回かしたあと、自己紹介をしました。そのあと、「どっちが勝つのかな」というゲームをしました。何人かが前に出て、旗揚げゲームやティッシュの箱積み競争を行い、その中の誰が勝つのかをチームで予想しました。

 利用者の方々と楽しそうに相談したり、チームで大きな声をそろえて発表したり、子どもたちの自然な素振りのなかに暖かいものを感じさせる場面がたくさんありました。
 
 最後に、子どもたちの歌『いきてる いきてく』を聞いてもらって交流を終わりました。
 
 利用者のみなさん、今日は楽しい交流をありがとうございました。来年も、またよろしくお願いします

過去ログ