記事一覧

今年も書きました!

ファイル 549-1.jpgファイル 549-2.jpgファイル 549-3.jpg

 7月9日(水)の3限目に全校生徒で、地域の明朗会のみなさんに暑中見舞いハガキを書きました。これは昨年度から生徒会の提案として始まった取り組みですが、ハガキを受け取られた方から「とても嬉しかったよ。」などの喜び声を寄せていただいたり、返事をいただいた生徒もいたりしました。
 普段通学路に立っていただいたり、学校行事やいろいろな活動でお世話になっている明朗会のみなさんに今年も暑い夏を乗り切っていただきたいという気持ちから、昨年に引き続き取り組むことになりました。
 1人あたり5名の方々に差し出す予定ですが、1年生は今回が初めてということもあって、なかなか筆が進みづらい生徒もみられましたが、どの生徒も一生懸命丁寧に仕上げていました。また今年度は生徒の住む地域にみえる数名の方には、お宅に伺い手渡しさせて頂く予定です。お互いに名前と顔が一致することで、少しでもつながりが広がれば幸いです。なお、それ以外の分は7月18日(金)に郵送させていただきます。どうぞ、楽しみにお待ちください!!

 

地域の方からお話をうかがいました!

  前回、尾呂志の上野地区と栗須地区を歩き、「なぜ尾呂志は衰退していったのか。」を調べることになり、今日は尾呂志をよく知る方々に昔の尾呂志の様子をうかがいました。以前栗須商店街で美容室を営んでいた芝﨑さんご夫妻、理容店を営んでいた浜さん、そして今なお、お店をされている坪内さんから興味深いお話を聞きました。この栗須の本通りには雑貨屋さんや衣料品店、飲食店に仕出し屋さん、自転車屋さんなどさまざまなお店が連なっていたそうで、人通りも多く大変にぎわっていたということでした。また尾呂志には映画館や芝居小屋、パチンコ屋さんもあり繁盛していたとのことでした。

ファイル 548-1.jpg   ファイル 548-2.jpg   ファイル 548-3.jpg   ファイル 548-4.jpg

 
 また上野地区の様子については田んぼでもお世話になっている時田さんにお話をうかがいました。学校の建っている周辺には法務局や代筆屋さん、郵便局、役場など官庁関係が集まっていたそうです。郵便局では郵便業務の他に電話交換も委託で行い、また入鹿、西山、相野谷を含む広い範囲を受け持っていたとのことでした。上野地区は他にも商店がいくつもあり昭和30~40年代後半にかけて最も栄えていたそうです。

  ファイル 548-5.jpg

 貴重なお話をたくさん聞かせていただき、「普段住んでいる土地でも、見方を変えれば色々なことが見えてきました。栄えていた頃の話を聞き、思ったことは、栄えていた頃の尾呂志に生まれたかったと思いました。」という感想も聞かれました。
芝﨑さん、浜さん、坪内さん、時田さんどうもありがとうございました!!
 

クリーン活動

 6月12日(木)の6限目に全校生徒による“クリーン活動”をおこないました。これは6月15日(日)に予定されている保護者や地域の方・教師による『クリーン作戦』に倣い、生徒会本部役員が「自分たちも何かできないだろうか?」という話し合いのもと提案したものです。
 生徒たちは3つの班に分かれて、校舎沿いや外倉庫まわりの側溝に詰まった泥や落ち葉を搔き出す作業をしました。この“クリーン活動”は今年度初めての試みでしたが、梅雨の晴れ間となったこの日は、気温もあがり照りつける太陽のもとどの生徒も汗だくで熱心に取り組みました。その甲斐あって、どの側溝もピカピカに仕上がりました。
     ファイル 546-1.jpg ファイル 546-2.jpg ファイル 546-3.jpg

 作業後には全員で道具の片付けをおこない、生徒会長の「みなさん、お疲れ様でした!乾杯!!」の掛け声でアクエリアスを勢いよく飲み干しました。みんなの手できれいにした学園はとても気持ちがいいものですね。みんなご苦労様でした。

     ファイル 546-4.jpg ファイル 546-5.jpg

認知症について学びました!

 御浜町社会福祉協議会の方々の協力を得て、福祉に関する学習を進めてきましたが、第3回目は6月10日(火)、本校において「認知症講話」を行っていただきました。御浜町役場職員2名と町社協職員2名に来ていただき、認知症について学習する機会を与えていただきました。
 認知症にまつわるお話を聞いた後、職員による寸劇も交えながら、分かりやすく楽しい講義となりました。正しい知識で、適切に対処できるようになってもらいたいと思っています。
生徒の授業を終えての感想をいくつか紹介させていただきます。

〇今まではあまりよいイメージはなく、なんで忘れるんだろうと不思議だった。でも今日の講座を受けて、認知症の人は、なりたくてなったわけじゃないし、他の人から障がい者とかたづけられるのがいやなことがわかりました。もし、身の回りに認知症の人がいたら、ささいなことでもいいので、サポートしていきたいです。

〇今までだと、しつこく否定されると怒ってしまったり、無視してしまったと思います。でも、今回の講座で認知症が分かりました。これからもし認知症の方とかかわることがあれば、その人を否定するのではなく、その人の思いも受け止められたらと思いました。


 ファイル 552-1.jpg ファイル 552-2.jpg   ファイル 552-3.jpg ファイル 552-4.jpg ファイル 552-5.jpg

染物を体験しました。

6月11日(水)家庭科で「染物」を体験しました。
尾呂志在住で「とうげミュージアム」を営む真砂紀子さんに講師としてきていただき、ウールモスリンに染色をする方法を教わりました。身近にある洗濯ばさみや髪留めのピン、バルブソケット、割り箸、スポンジなどを布地に挟んで柄をつけました。また染色液は「赤」「黄色」「青」の三色を使い、色を混ぜてさまざまな色合いを出しました。
色の三原則をもとに出したい色を考えたり、布の折り具合や柄を出す道具の配置を考えたりするのが楽しかったようです。

ファイル 547-1.jpg   ファイル 547-2.jpg   ファイル 547-3.jpg   ファイル 547-4.jpg
 
 ***染物を体験しての感想***
 「今日は、家庭で染物をしました。いろんな模様ができて楽しかったです。」「同じ色を使っても、全然違うふうにできておもしろかった。」「出したい色を考えるのが難しかった。」

 みんな試行錯誤し、集中して取り組んでいました。2時間の授業が本当にあっと言う間でした。色の混ぜ方、分量、柄の配置など各自データを取ったので、次回はどうしたらイメージ通りになるのか、自分や友達のデータをもとに再度染物に挑戦します!!

ファイル 547-5.jpg

福祉体験(車いす・高齢者擬似体験)を行いました

ファイル 544-1.jpg(車いすの使い方を教えてもらっています)
 御浜町社会福祉協議会の方々に協力していただき、福祉体験を行っています。
第1回目は5月30日(金)に、尾呂志学園においてパワーポイントを使って「福祉講話」を聴かせていただきました。今の福祉の考え方や互いの違いを認め合うこと、支え合い・助け合いによって幸せに暮らせる町の実現をめざすことなどを教えていただきました。
第2回目は、御浜町福祉健康センターに出向いて「車いす・高齢者擬似体験」を行いました。まずは、2人1組になって車いす体験でした。体験する前と後では、いろいろ考え方が変わった人もいたようです。車いす体験の後は、各人がサポーターやおもり、視野の狭くなるゴーグルや耳栓などを身につけて高齢者擬似体験をしました。高齢者にとっては、ただ単に歩いたり、階段を上り下りしたりするだけでも結構大変だということがわかったのではないでしょうか。2つの体験を済ませた後で、2グループに分かれて話しあいをもちました。みんなが生活しやすくするために、改善していったらいいことや自分たちにできることなどを話し合い、発表して意見の交流を図りました。
ファイル 544-2.jpg(車いす)  ファイル 544-3.jpg(高齢者擬似体験)
第3回目は、来週の火曜日(10日)になりますが、「認知症講話」を予定しています。今のうちから正しい知識を持ち、住みやすい街づくりのお手伝いができるようになることを期待しています。
ファイル 544-4.jpg(話しあい)  ファイル 544-5.jpg(話しあい)

地域学習をしました。

5月8日(木)5、6限目の総合的な学習の時間に「地域学習」をしました。
初めに教室で鈴木幹夫先生から地図を使って、尾呂志の栗須地区・上野地区の商店街の今と昔についてお話をしていただきました。
銀座通りと言われた栗須商店街では道沿いに商店が連なり、また上野商店街では郵便局や法務局があったり、行政書士のおうちがあったりと公的な機関が集まっていたそうです。お話の後、実際に歩いてみました。途中で地域の方に出会い、挨拶を交わしながら、ゆっくりと栗須・上野地区を巡りました。

ファイル 543-1.jpg   ファイル 543-2.jpg   ファイル 543-3.jpg   ファイル 543-4.jpg

 学校に戻ってから、地域の現状から見えてきたことを話し合いました。そのような中で、昔あった建物がつぶれたり、なくなったりし、また見かける方も年配の人が多いことから、「なぜ尾呂志は衰退していったのか?」という疑問が湧き、これから調べてみることになりました。
ファイル 543-5.jpg

今回の地域学習を終えて、「初めて知ったこともたくさんありました。」という感想を書いてくれた人もいました。見慣れた景色の中に、それぞれ新発見や再発見をすることがあったようです。

野菜の苗を植えました。

先週、土作りをしたので、今日は苗を植えました。
今年栽培するのは、ミニトマト(アイコ)、ピーマン、キュウリ、スイカ、カボチャ、ポップコーン用のトウモロコシです。
 キュウリは、病気などに強い接ぎ木の苗を使いました。マルチを使ったり、支柱を立てたり、栽培技術を学びながら、苗を植えました。
 収穫までまだまだ時間がかかりますが、これから、世話をしておいしく育つように頑張りたいと思います。

 ファイル 542-1.jpg    ファイル 542-2.jpg   ファイル 542-3.jpg

遠足に行ってきました

  ファイル 541-1.jpg(峠を登る前にみんなでまず一枚)
 5月2日(金)、熊野古道「馬越峠」を歩いてきました。当初は4月30日(水)に予定していましたが、前日に降った大雨の影響で延期になりました。今回は晴天に恵まれ、山歩きには少々暑すぎると感じるほどの日よりとなりました。
  ファイル 541-2.jpg(がんばって登っています) 
 峠からは、天狗倉山や便石山に登る道もありますが、みんな余力がなさそうで見送ることにしました。
ファイル 541-3.jpg(峠から見た尾鷲市街) ファイル 541-4.jpg(峠で休憩中)
 日頃あまり歩かないからでしょうか(特に山道)、登りも下りも悪戦苦闘しながらも、何とかみんな無事に、ほぼ予定通りの行程で峠を越えることができました。
  ファイル 541-5.jpg(北浦公園でお弁当)

新入生歓迎会開催

 5月1日(木)の5・6限目に新入生歓迎会を開催しました。これは、生徒会が計画して開催する毎年恒例の行事となっています。
今年の歓迎会は学校クイズからスタートし、ジェスチャー・二人三脚リレー・シッポ取り・バドミントン、最後にバスケットボールをして楽しみました。クイズ以外は、2チームに分かれて対戦形式で行い、みんなで盛り上がりました。

ファイル 539-1.jpg ファイル 539-2.jpg

 競技の中には6人7脚リレーも組み込まれ、自由が効かずに悪戦苦闘するチームもありました。笑いあり、汗だくのプレー姿ありと、新入生を中心にみんな楽しめたようです。

ファイル 539-3.jpg ファイル 539-4.jpg

 最後は、「1年生はまだ中学校生活に慣れずに困ることもあると思いますが、色々な場面でみんなで協力していきましょう!」という生徒会本部役員の挨拶で締めくくられました。中学校生活には年間を通して様々な活動がありますが、この言葉どおり、お互い協力し合ってみんなが過ごしやすい学校生活を作っていきましょう。


  

過去ログ