記事一覧

尾呂志学園の校舎を紹介します♪③=校舎の外=

【校舎外観】
太陽光発電の設備もある環境に優しい校舎です。
ファイル 422-1.jpg ファイル 422-2.jpg ファイル 422-3.jpg ファイル 422-4.jpg ファイル 422-5.jpg

また、この他にも段差のない玄関やエレベーターなど、障がいのある方やお年寄りにも優しいバリアフリーな施設です。

3回にわけてご紹介しましたが、とっても素敵な校舎だとおわかりいただけたと思います。本当に尾呂志学園は、尾呂志の宝物だと思います。ですから、地域のみなさんもぜひ学校へ気軽にお立ち寄りくださいね♪

尾呂志学園の校舎を紹介します♪=校舎の中②=

【多目的ホール】
図書コーナーもあり、全校の児童生徒が集うことのできるスペースです。
ファイル 421-1.jpg ファイル 421-2.jpg

【たかちらホール(体育館)】
 コンサート会場にもなる、天井の高い体育館です。
ファイル 421-3.jpg

【オープンスペース(教室前)】
一見したら広い廊下ですが、教室との仕切りをなくして教室から連続した広いスペースを作ることもできます。
ファイル 421-4.jpg ファイル 421-5.jpg

尾呂志学園の校舎を紹介します♪=校舎の中①=

今年は、東海北陸中学校長会研究協議会愛知大会(名古屋市)、三重県中学校長研究大会(津市)、三重県へき地複式教育振興大会(松阪市)などで尾呂志学園の実践を報告する機会が何度かありました。
そのときに、他地域の方から「地元のみなさんの願いで建築された尾呂志学園って、どんな校舎なんですか?」と何度もお問い合わせをいただきました。
そういえば、ホームページにもあまり校舎の写真を載せていませんでしたので、今回はあらためて写真で紹介させていただきます。

【普通教室】
少人数にぴったりの小さなスペースの教室です。机も“ぬくもり”が感じられる木製の立派なものです。

ファイル 420-1.jpg
【ランチルーム】
尾呂志学園の児童・生徒と先生が、このランチルームで一緒に給食を楽しく食べています。
ファイル 420-2.jpg

【理科室のプラネタリウム】
実際に授業で見るときは、電動で天球が下に降りてきますよ。
ファイル 420-3.jpg

【コミュニティ・ルーム】
地域の方が集うことのできるスペースです。区長会などの地域のみなさんの会議にも利用されています。また、地域の手芸サークルのみなさんが毎週手芸教室を催しています。
ファイル 420-4.jpg

【2階ベランダ】
2階の教室の外側には、学校全体を取り巻くようにベランダがつながっています。
ファイル 420-5.jpg

干し柿作り体験

ファイル 413-1.jpgファイル 413-2.jpgファイル 413-3.jpgファイル 413-4.jpgファイル 413-5.jpg

 11月27日(火)、今日は小芝農園の小芝陽一さんに来校いただき、小・中学校全員の子どもたちに干し柿作りの体験させていただきました。

 この地域では、干し柿のことを「つるし柿」と言うそうです。愛宕柿(あたごがき)という種類の柿を使うことや、昔は「柿が赤くなると、医者が青くなる。」と言われるほど栄養価の高い食品であること、つるすために枝をTの字に残して切ること等も教えていただきました。

 小芝さんに教わりながら、みんなで小芝さんが持ってきてくれた柿の皮をピーラーや包丁を使ってむき、紐の両側にバランス良く結わえました。そして、できたものからランチルームのベランダに干しました。

 20日間くらい干しておくと、食べることができるそうです。それまでに何度か柿を揉むようにすると美味しくなることも教えてもらいました。

 冬休みの直前くらいに、美味しい干し柿ができることを楽しみにしています。

10月27日(土)剣道新人大会が尾呂志学園で開催!!

夏の中体連の大会に引き続き、新人大会剣道の部が、次の日程で
尾呂志学園たかちらホールを会場に開催されます。
・10月27日(土)
・開会式  9時~
・競技開始 9時20分~ (午前中で終了予定)

尾呂志学園からは、宮本陽輔君(2年生)と毎日尾呂志学園での
練習に参加している玉置桃香さん(阿田和中1年)が参加します
ので、他の学校の応援団に負けないように、1人でも多くの尾呂
志のみなさんにお越しいただき、この2人の応援をお願いします。

また、中学生といえども、真剣味あふれる剣道の試合は、体育館
全体に気合いのこもったかけ声が響き渡り、すごい迫力です。
せっかくの機会ですので、当日はぜひ尾呂志学園の選手への応援
とともに、剣道の試合の見学に尾呂志学園までおいでください。

尾呂志運動会

 10月7日(日)、秋晴れの絶好のコンディションの中、尾呂志学園グラウンドにおいて、尾呂志保育所、尾呂志学園小・中学校、地域が一体となって尾呂志運動会を開催しました。

 徒競走からはじまり、保育所園児によるダンスや親子競技、毎年恒例の「縄ない競争」や「台風の目」、「保・小・中合同リレー」など、にぎやかに午前の部を終えました。

 午後は「交通安全パレード」の後、尾呂志運動会ならではの「えびかき踊り」にはじまり「宝釣り」、小学生と保護者が激突した「カードファイト!」、小中学生による「川渡り」「ヨッチョレⅢ」、小学校高学年と中学生による「スウェーデンリレー」などが行われました。

 プログラムの最後の種目「グループ対抗リレー」では、動物やマツコデラックスのかぶり物をした走者も現れ、大いに会場を沸かせるなど熱戦が繰り広げられました。

 今年度は育成会主催の「フォークダンス」「パン食い競争」が新たに種目に加わり、笑顔が溢れる温かな雰囲気に包まれていました。

 また昨年度に引き続き、学園では紅白2チームに分かれて得点を競い合う対抗戦形式をとりました。お互いにチームワークを大切にしながらもライバル意識をもって競技を進めたことも、より盛り上がることにつながったと言えます。

 何よりみんなケガもなく、無事運動会が開催できたことが一番よかったと思います。協力していただいた地域や保護者のみなさま、本当にありがとうございました。

ファイル 405-1.jpg ファイル 405-2.jpg ファイル 405-3.jpg ファイル 405-4.jpg ファイル 405-5.jpg

今年も全校で稲刈りをしました。

 昨日、予定していた稲刈りは、あいにくの雨で順延になりました。
今日は朝からいいお天気になり、全校児童生徒35人で稲刈りをしました。
今年は8月下旬から天候不順が続き、地域の方も田んぼがぬかるんで稲刈りがしにくい年だったと言います。学校も早くから米作り実行委員会が落水を始めていましたが、前日の雨が影響し、田んぼに水が溜まり、今日は田植え用の長靴を履いて稲刈りをする人もいました。
 しかし、刈り取ったお米はきれいでした。今日の稲刈りを見にきていただいた保護者の方の中で、お米を作っていらっしゃる方も「いいお米だ。」とおっしゃってくださいました。
 今年も田植えの時からアドバイスを受けている時田さんにコンバインを出していただき、1号田の稲刈りと2号田の脱穀をしていただきました。田んぼの状況や順延のため、時田さんには直前になって作業予定も変えていただきました。本当に有難うございました。小学1,2年生には、実行委員が一人ひとりつき、刈り方を教えながら進めました。暑い中でしたが、みんな一生懸命に頑張ってくれたので、本当に早く終えることができました。また、保護者の方々、地域の皆さん、保育所の皆さんに見にきていただき、有難うございました。

 このあと、みんなで収穫したお米は、時田さんに乾燥・もみすりをしていただき、月末の運動会で販売する予定です。どれだけ収穫できたか、楽しみですね。


ファイル 400-1.jpg ファイル 400-2.jpg ファイル 400-3.jpg ファイル 400-4.jpg ファイル 400-5.jpg

運動会の練習

ファイル 397-1.jpgファイル 397-2.jpgファイル 397-3.jpg

 9月30日(日)に開催予定の尾呂志運動会に向けて、今週から練習を始めています。

 尾呂志学園では、全校児童生徒でヨッチョレを踊ります。
 今日は、体育の時間に5,6年生が1,2年生にヨッチョレの振り付けを指導しました。

 5,6年生がほとんどマンツーマンでひとつひとつの振りを手取り足取り教えると、1,2年生の子どもたちは一生懸命覚えようと体を動かしていました。

 根気よく丁寧に教えている5,6年生の指導が、とても頼もしく感じられました。

 運動会本番で、子どもたちの元気なヨッチョレを是非見てください。

尾呂志スクールガード代表者会議

ファイル 393-1.jpg

8月29日(水)に、尾呂志スクールガードの代表者会議が開催されました。

「会長は、尾呂志学園PTA副会長をもって充てる」という会則にのっとり、本年度は芝崎 幹弘さんに会長を務めていただきます。

芝崎 幹弘さん(PTA代表)山﨑 豊さん(明朗会代表)、石本 明さん(育成会代表)、山田 憲哉さん(学校運営協議会代表)にご出席いただき、委嘱状の受け渡しと今後の活動内容について協議を行いました。

 スクールガードの趣旨は

◆尾呂志学園校区の子どもたちの登下校及び地域における生活の安全確保を目的とし、各団体及び個人の賛同者が協力して活動を行う。

◆地域で生活する子どもたちに大人が声をかけ、日常的な会話を通じて交流することにより、子どもたちの健やかな成長を支援していく。
の2点です。

 この趣旨に基づき本年度も、
○「できる人が」「できる時に」「できることを」の範囲で、子どもたちの見守りや声かけをする。

○できる方は、尾呂志学園交通安全「街頭指導」に参加する。(原則として毎月1日と11日 7:40~8:10 学校前、旧農協前、育苗センター前)

○何か気になることや、心配なことなどがあれば、尾呂志学園まで連絡を入れる。

などの活動を行っていくことを確認しました。

尾呂志の子どもたちの健やかな成長を、あたたかく見守っていく活動の輪を、今後も広げていきたいと思います。

夕涼み会

ファイル 377-1.jpgファイル 377-2.jpgファイル 377-3.jpgファイル 377-4.jpgファイル 377-5.jpg

 7月7日(土)、第29回尾呂志地区夕涼み会(主催:尾呂志保育所保護者会、尾呂志地区育成会)が、尾呂志学園にて行われました。

 今年はちょうど七夕の日の開催となりました。オープニングセレモニーで保育園児によるくす玉割りが行われたのを皮切りに、子どもたちが作った笹飾りの下、幼児からお年寄りまでそれぞれゲームや出店をまわって楽しんでいました。

 そのあと、保育園児や小学生による歌や踊りの披露があり、たかちらホール中に子どもたちの元気な歌声が響きわたりました。次に恒例のビンゴゲーム大会があり、豪華な賞品をめあてに盛り上がりました。最後に、「スターマイン」などの花火が打ち上げられ、尾呂志の夜空を美しく染めていました。

 楽しい夕涼み会を、空の上から織り姫と彦星もきっと眺めていたことでしょう♪

過去ログ