記事一覧

運動会の練習

ファイル 397-1.jpgファイル 397-2.jpgファイル 397-3.jpg

 9月30日(日)に開催予定の尾呂志運動会に向けて、今週から練習を始めています。

 尾呂志学園では、全校児童生徒でヨッチョレを踊ります。
 今日は、体育の時間に5,6年生が1,2年生にヨッチョレの振り付けを指導しました。

 5,6年生がほとんどマンツーマンでひとつひとつの振りを手取り足取り教えると、1,2年生の子どもたちは一生懸命覚えようと体を動かしていました。

 根気よく丁寧に教えている5,6年生の指導が、とても頼もしく感じられました。

 運動会本番で、子どもたちの元気なヨッチョレを是非見てください。

尾呂志スクールガード代表者会議

ファイル 393-1.jpg

8月29日(水)に、尾呂志スクールガードの代表者会議が開催されました。

「会長は、尾呂志学園PTA副会長をもって充てる」という会則にのっとり、本年度は芝崎 幹弘さんに会長を務めていただきます。

芝崎 幹弘さん(PTA代表)山﨑 豊さん(明朗会代表)、石本 明さん(育成会代表)、山田 憲哉さん(学校運営協議会代表)にご出席いただき、委嘱状の受け渡しと今後の活動内容について協議を行いました。

 スクールガードの趣旨は

◆尾呂志学園校区の子どもたちの登下校及び地域における生活の安全確保を目的とし、各団体及び個人の賛同者が協力して活動を行う。

◆地域で生活する子どもたちに大人が声をかけ、日常的な会話を通じて交流することにより、子どもたちの健やかな成長を支援していく。
の2点です。

 この趣旨に基づき本年度も、
○「できる人が」「できる時に」「できることを」の範囲で、子どもたちの見守りや声かけをする。

○できる方は、尾呂志学園交通安全「街頭指導」に参加する。(原則として毎月1日と11日 7:40~8:10 学校前、旧農協前、育苗センター前)

○何か気になることや、心配なことなどがあれば、尾呂志学園まで連絡を入れる。

などの活動を行っていくことを確認しました。

尾呂志の子どもたちの健やかな成長を、あたたかく見守っていく活動の輪を、今後も広げていきたいと思います。

夕涼み会

ファイル 377-1.jpgファイル 377-2.jpgファイル 377-3.jpgファイル 377-4.jpgファイル 377-5.jpg

 7月7日(土)、第29回尾呂志地区夕涼み会(主催:尾呂志保育所保護者会、尾呂志地区育成会)が、尾呂志学園にて行われました。

 今年はちょうど七夕の日の開催となりました。オープニングセレモニーで保育園児によるくす玉割りが行われたのを皮切りに、子どもたちが作った笹飾りの下、幼児からお年寄りまでそれぞれゲームや出店をまわって楽しんでいました。

 そのあと、保育園児や小学生による歌や踊りの披露があり、たかちらホール中に子どもたちの元気な歌声が響きわたりました。次に恒例のビンゴゲーム大会があり、豪華な賞品をめあてに盛り上がりました。最後に、「スターマイン」などの花火が打ち上げられ、尾呂志の夜空を美しく染めていました。

 楽しい夕涼み会を、空の上から織り姫と彦星もきっと眺めていたことでしょう♪

学校がすっかりきれいになりました!~クリーン作戦~

6月17日(日)の午前8時から、PTAのクリーン作戦が行われました。

例年、尾呂志学園PTAと尾呂志保育所保護者会の奉仕作業として実施しているのですが、今回は“保護者の数も減っているのだから、地域も一緒になって盛り上げていこう!”という主旨で、育成会の石本明会長が中心になって、育成会はもちろん、区長会や明朗会、つどいのみなさんにまで協力を呼びかけていただきました。

当日は、本当にたくさんの地域の方の参加をいただき、各区の区長さんをはじめ尾呂志の各区、明朗会、育成会、つどいのみなさんをあわせると30名近くの地域の方、そして、PTA関係者をあわせると、合計70名の方にご協力をいただきました。また、当日は都合で参加できないからと、事前に学校周辺やプールの草刈りをしていただいた方も何人も見えました。本当にありがとうございます。

おかげさまで、写真にもあるように、あれほどボウボウに生えていた草もすっかり刈り取られ、たいへんきれいにしていただきました。

今回は、これまでになく、たくさんの地域の方にご協力をいただき、児童・生徒ともどもたいへん感謝しております。これを機会に、今後とも引き続き「地域とともに育つ尾呂志学園」に、ぜひ地域のみなさまからの温かいご支援とご協力をよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。


ファイル 361-1.jpg ファイル 361-2.jpg ファイル 361-3.jpg ファイル 361-4.jpg ファイル 361-5.jpg

金星の太陽面通過を観察

 今年度は、天文現象の当たり年なのでしょうか。
 天気が心配だったのですが、5月21日の金環日食に続いて、今日は金星が太陽面を通過するようすを観察することができました。
 休み時間には、小学生から中学生まで、太陽観察グラスや望遠鏡で、太陽の中にほくろのような黒い点(金星)を見ることができました。
 子どもたちからは、「見えた!見えた!」と感動の声が上がりました。
 次回、金星の太陽面通過が見られるのは、105年後だそうなので、貴重な現象を今日は目にすることができました。


 ファイル 355-1.jpg ファイル 355-2.jpg ファイル 355-3.jpg

右の「学校教育目標」・「重要なお知らせ」を更新しました。

少し遅くなりましたが、右側の「コンテンツ」にある

○学校教育目標
・尾呂志学園の基本理念
・学校経営方針
・尾呂志学園のめざす小中連携教育

○重要なお知らせ
・警報の発令時の対応
・地震への対応について

を平成24年度版に更新したのでお知らせします。ぜひご覧ください。

6月の行事予定をお知らせします♪

右側の「コンテンツ」にある「行事予定」に平成24年6月分の行事を追加しましたので、お知らせします。ぜひご覧ください。

金環日食に感動!!

今日は、今話題の金環日食が見られる日です。尾呂志学園でも、理科の前先生が中心になってグラウンドで観察会を行いました。

小学校の1年生から中学校の3年生まで約15名のみなさんが集まり、7時過ぎから観察を始めました。日食観察メガネを使って太陽をのぞくと、だんだんと月のように欠けはじめ、7時26分から金環の形になり、7時28分に最大日食、そして7時30分まで金環食が続きました。

金環日食はほんの4分程度でしたが、「わぁー、だんだん欠けてきたー!月みたいや!!」とか、「すごい!今わっか(金環日食)になった!!」とか、「あ~あ、終わってしまった。」などなど、それぞれが歓声をあげながら、世紀の天文ショーに感動していました。

子どもたちの歓声を聞きつけた学校の前のおじさんやおばさんも観察会に飛び入り参加してくれるなど、7時30分頃の学校の前はちょっとした賑わいでした。

次に、金環日食が今回のように日本の各地でみられるのは、およそ300年後だそうです。もしかしたら、一生で1回しかできない体験だったかもしれませんね。(ちなみに、北海道では18年後に見られるそうです)

ファイル 348-1.jpg ファイル 348-2.jpg ファイル 348-3.jpg ファイル 348-4.jpg ファイル 348-5.jpg

全校児童生徒で力を合わせて「田植え」をしました♪

ファイル 343-1.jpgファイル 343-2.jpgファイル 343-3.jpgファイル 343-4.jpgファイル 343-5.jpg

5月10日(木)五月晴れのもと、今年も無事に平成24年度米を作付けしました。

新聞記者の方々に開会式前からインタビューを受け、緊張気味の米作り実行委員たち(中学2年生と中学1年生)でしたが、田植えを始めるころには笑顔も見え、全校児童生徒で泥だらけになりながら田植えができました。

小学校低学年のみんなは実行委員と地域の方に手取り足取り教えてもらいながら、真剣に苗を植えていました。あぜや道路からは保護者や地域の皆さん、そして保育所のみんなが田植えの応援をしてくださいました。児童生徒数が少ないにもかかわらず、慣れたところで手際よく植えてくれたので、とても早く終えることができました。

また今年は「旅っちゃってごめんね!!」の紀ノ川良子さんが来て下さり、一緒に田植えを楽しみました。閉会式後にはおなじみのポーズで記念写真を撮りました。今日植えた苗が生長し秋の実りを迎えるまで、実行委員の皆さんこれからも頑張って下さい。

今日の田植えを迎えるまでに様々な形で、地域の皆様にご協力いただきました。ありがとうございました。これからもご支援・ご協力をよろしくお願いします。

5月の行事予定をお知らせします♪

右側の「コンテンツ」にある「行事予定」に平成24年5月分の行事を追加しましたので、お知らせします。ぜひご覧ください。

過去ログ